0568-62-0101 〒484-0066
犬山市大字五郎丸字稲葉組67 アクセスMAP
診療時間
09:30
〜13:00
--
14:30
〜19:00
--

※日曜・祝日休診します

歯科 小児歯科 口腔外科
歯周病治療 予防歯科
インプラント 審美歯科

歯周病予防

歯周病は歯を失う一番の原因となっています。これを予防するためには、日ごろから定期的な検診とメンテナンスが必要です。
ごろうまる歯科では、専用のメンテナンスルームで、技術を持った歯科衛生士によるクリーニングを実施しています。歯周病を他人事と思わずに、積極的に予防に取り組みましょう。

歯周病について知っていますか

歯周病について知っていますか

歯周病とは

「ブラッシングの際に血が出る」「歯ぐきが腫れている」といった症状がありませんか? もしかしたらそれは、歯周病の兆候かもしれません。
日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。
歯周病は、歯周細菌と呼ばれる細菌が、歯茎の内側に入り込むことで発生します。歯周病が進むと、歯ぐきだけではなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にまで炎症が及びます。
進行を抑えられなければ歯を支えることが困難になり、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい病気です。
歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。

歯を失う最大の原因です。

歯を失う最大の原因です。

近年CMなどで良く耳にするようになった「歯周病」。実は、現在歯を失う原因で最も多いのは、虫歯ではなく、この歯周病です。特に30歳〜40歳からは、歯周病で歯を失う比率が高まっていきます。

歯周ポケットについて

歯周ポケットについて

「歯周ポケット」という単語は、テレビや健康系の雑誌などですっかりおなじみですね。
健康で問題のない歯ぐきは、歯と歯ぐきの間にある溝(歯周ポケット)の深さが0〜2mmです。しかし、歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こしたり、顎の骨が溶けたりすると、徐々にこの溝が深くなってきます。歯周ポケットが4mm以上になると歯周病が始まり、6mm以上になると重傷の歯周病といえます。ポケットが深くなると、歯周病菌や歯石の温床となってしまいます。

歯周病チェックシート

下記の項目の中で当てはまるものが1つでもある場合、早めに歯科医院で診察を受けましょう。

  • □歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯と歯の間に隙間ができた
  • ブラッシング時に出血する
  • 口の中がネバつく
  • 歯がぐらつく
  • 口を開けたまま寝てしまう
  • 歯ぐきがやせてしまい、歯が長くなった気がする
  • 口臭が気になる

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階は、歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎という段階に分けられます。

  • 0〜3mmの場合正常の範囲内で問題ありません。
  • 0〜3mmの場合で
    歯肉炎をともなう場合
    歯周病の初期の段階です。
  • 4〜5mmの場合中等度の歯周病で歯がグラグラするといった症状が表れます。
  • 6mm以上の場合治療に時間のかかるほど進行してしまった歯周病です。
健康な歯肉

健康な歯肉

健康な歯ぐきは引き締まっていて、淡いピンク色をしています。毎日の正しいブラッシングと歯科医院での定期的な歯石除去(スケーリング)で健康な状態を維持していきましょう。

歯肉炎

歯肉炎

歯磨きや、固いものを食べたときに出血する場合があります。歯の周りにある歯周ポケットと呼ばれる溝が広がり、歯垢がたまりやすくなっています。

軽度の歯周病

軽度の歯周病

歯肉炎から更に細菌感染が進んだ状態で、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶け始めます。ブラッシングや固いものを食べた際に出血するだけでなく、冷たい水がしみたり口臭が出たりします。
歯周ポケットは4mm程度の深さになり、汚れがたまりやすくなっています。しっかりと歯磨きをし、歯科医院で治療を受けてください。

中度の歯周病

中度の歯周病

歯ぐきの腫れが増し、ブヨブヨと腫れぼったくなります。歯磨きでの出血が増え、歯肉も減ってしまって歯が長くなったような感じがします。歯を指で押すとぐらつき始めます。歯周ポケットの深さは4mm〜6mmになります。

重度の歯周病

重度の歯周病

かなり進行した歯周病です。顎の骨の溶解も進んでしまい、歯のグラつきがひどくなります。出血だけでなく膿が出たり、口臭がより強くなったりし、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは6mm以上となり、大量の汚れがたまってしまっています。
この段階まで進行してしまうと、周りの歯にも悪影響を及ぼすようになりますので、抜歯をすることが多くなります。残せる他の歯を、しっかり治療しましょう。

歯周病の原因

生活習慣との関係

下記のような生活習慣は、歯周病を誘発するとともに悪化させてしまいます。

1 歯磨きをしない
お口の中に食べかすや歯周病菌が残ってしまい、虫歯や歯周病の原因になります。
2 タバコを吸う
タバコを吸うと血行が悪くなり、歯を支えている組織にも悪影響が出ることで、歯周病が進行してしまいます。
3 ストレスが日常的にかかる状況にある
精神的ストレスのせいで体の抵抗力が弱くなったり、食生活が変化したりすると、歯周病が悪化しやすくなります。
4 歯ぎしり・食いしばり
無意識下の歯ぎしり・噛みしめも、お口の健康にとって大敵です。顎や歯周組織に負担をかけた結果、歯肉が弱まり、歯周病が急速に進行します。
5 口で呼吸をする癖がある
口の中が乾燥すると歯石が付着しやすくなります。唾液による自浄作用もなくなってしまい、歯周病菌の温床となります。
6 栄養が偏った食事、偏食傾向が強い
食生活の乱れや偏食などによって体の抵抗力が弱まると、歯周病になりやすくなります。
日常生活との関係

重度の歯周病

家族や恋人との、日常生活の中での、接触から歯周病は感染してまうことがあります。

歯科治療との関係

歯科治療との関係

むし歯の治療時に装着したつめ物やかぶせ物の精度が悪いと、すき間などに菌が繁殖してしまい、そこから歯周病にかかってしまうことがあります。

糖尿病との関係

糖尿病との関係

歯周病と最も関連の大きい病気が「糖尿病」です。
糖尿病になると身体の免疫力が奪われるので、免疫力がない=口の中が歯周病菌に侵されやすい状態となります。
また、糖尿病になると唾液の分泌量が減ってしまいますので、口の中の細菌が増殖しやすくなり、歯周病が進行しやすい状態になってしまいます。
そのため糖尿病になると歯周病になりやすくなり、また歯周病が治りにくくなってしまいます。

全身疾患との関係

全身疾患との関係

近年、歯周病が糖尿病・肺炎・心疾患などの原因になることが明らかになり、歯周病が全身の健康を脅かすことがわかってきました。
歯周病を引き起こす細菌は、歯周病の人の口の中に数多く存在します。その細菌が気道や血管から内臓に入り込むことで、肺炎や心疾患の原因となってしまいます。更に妊娠している方の場合、低体重児出産や早産の確率が高まることも指摘されています。 お口の中を清潔に保つことは、全身疾患の予防に繋がります。

たばことの関係

たばことの関係

たばこに含まれるニコチンは、身体の血液の流れを悪くします。そのため、歯や歯肉へ酸素や栄養がいきわたらなくなります。その結果、身体の免疫力が下がってしまい、歯周病になりやすくなってしまいます。

歯周病の治療方法

歯周病の治療法

1検 査

お口の中の状態を、様々な角度から分析します。

2説 明

検査の結果、患者様のお口の状態を説明します。

3処 置

専用のぺリオリームで、患者様の状態に応じた処置を行います

処置方法A 予防

PMTC 歯みがき指導 3ヶ月毎の定期健診

処置方法B 清掃

エアフロー

特殊な機会で、歯周ポケット内の歯こうや歯石を取り除きます。

処置方法C 外科処置

フラップ手術

中程度〜重度の歯周病に対して行う外科的手術です。麻酔をかけて歯肉を切り開き、歯石、膿、炎症を起こした歯肉を切除します。
最後に元通り縫い合わせて完了です。

処置方法D 内科処置

内服薬

お口の中の歯周病菌が多い場合は、抗生物質などの内服薬で、菌の数を減らします。

処置方法E 再生方法

重度の歯周病菌によって、溶けてしまった骨は、自然に再生することはありません。骨や肉を再生させる手術を行います。

▲ ページTOP